監視カメラで客層分析

Pocket

監視カメラというと、万引き防止等の事件性に使われそうな響きがありますが、最近は販促目的で客層分析ができる監視カメラを導入する店舗が増え、ずいぶん助かっているようです。

監視カメラでどのように客層分析をするかを、ご説明致します。何と、監視カメラの撮影画像から、人の性別、年齢層(7つに区分があるようです。)を測定するようで、これは販促目的に活用できます。そして、画像中の顔の数から人数を想定し、その人物の滞留時間までも測定できるようなのです。また、売り場やコーナーでの来場者を測定、飲食店などではカメラ内蔵ダブレットにより、顧客分析もできます。さらに洋服売り場等では、マネキンにカメラが設置されていまして、そこから顧客分析可能なのです。このようにありとあらゆるところで客層分析できるのは優れものです。これだけ、行っていれば顧客情報の宝庫になる事間違いなしです。

こういった分析により、店舗ではある程度の販売計画も立てられるでしょうから、予算繰りもうまくいくでしょう。無駄な仕入れをなくし、本当に必要なものだけにできるというわけです。これは大きな販売戦略になりますし、予算の節約にもなるでしょう。そして、さらに言えることはそのように客層分析を徹底しているお店は繁盛しているようです。監視カメラで売り上げアップというのも意外性たっぷりで画期的です。

 

監視カメラのメリット

客層分析は店舗陰影の上では、必要な事ですが、お客様にわかるように行う事は当然ながらできません。失礼なことになりますし、個人情報の侵害と言われかねないでしょう。でも、監視カメラでそれが出来るという事になれば、たいへん便利ですし、店舗にとっても有益な上、お客様は何も嫌な思いをしなくて済みます。そう考えますと、この上なく重宝なものではないでしょうか。

販売戦略に欠かせない顧客情報です。そのベースになるのは客層分析ですが、それを犯罪防止にも役立つ監視カメラがやってのけるという事に、我が国の技術の素晴らしさを実感します。お客様の立場になりましても、必要なものがすぐに手に入る店があれば助かるものです。まして、ご自身にとって常に必要なものがその店では、いつでもあるとなれば、どんなに助かることでしょう。ですから、顧客分析は店舗のみならず、消費者にも大いに役立っているのです。この進んだ技術を生かし、売る側、買う側のニーズが合点するよう、企業は日々努力していくべきでしょう。とはいえ、今後、もっと素晴らしい画期的なものが生み出されえる可能性もありますから、今後の日本の技術に注目して見守りたいものです。そうなれば、より暮らしやすい人々の笑顔が増えるような良い世の中になるでしょう。